/

女性管理職ゼロ、企業の5割超 7月時点、帝国データ調べ

帝国データバンクが13日に発表した女性登用に対する企業の意識調査によると、2015年7月時点で女性管理職(課長相当職以上)がゼロと答えた企業が全体に占める比率は50.9%だった。前年より比率は0.6ポイント低下したが、依然として過半を占めた。社長を含む女性役員が不在の企業も60%を超えた。

管理職に占める女性の割合は平均で6.4%と前年より0.2ポイント上昇した。業種別にみると小売りが13.1%で最も高く、女性従業員の多い不動産も1割を超えた。政府は指導的地位に占める女性の割合を20年までに30%とする目標を掲げているが、現時点では企業の動きは鈍い。

今後、女性管理職を増やすかどうかについては「変わらない」との回答が59.6%で最多だった。「増加する」と答えた企業は22.3%にとどまった。

調査は7月、全国の2万3176社を対象に実施。有効回答率は47.5%だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン