/

この記事は会員限定です

オリンパス社長「医療機器、世界トップと競争」

[有料会員限定]

オリンパスは13日、都内で投資家向けの経営方針説明会を開いた。笹宏行社長は「医療事業は順調だが世界のトップとの差は歴然だ。競争に勝てる強い事業基盤を作る」と述べ、2021年3月期の連結売上高目標1兆1000億円に向け、医療事業を一段と成長させる考えを強調した。世界的に需要が伸びる外科手術向け内視鏡に経営資源を振り向ける。

オリンパスは21年3月期を最終年度とする中期経営計画を実行中。ただ初年度の17年3月期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン