/

7~9月ビール出荷量、11年ぶりプラス ビール系全体では減

ビール大手5社が13日発表した2015年7~9月のビールの課税済み出荷量は0.3%増と11年ぶりにプラスに転じた。酒税改正議論のなか、減税が見込まれるビールで各社が新商品を積極投入したことが販売を押し上げた。ビール系飲料全体では前年同期比2.5%減の1億1357万ケース(1ケースは大瓶20本換算)となり、5年連続で過去最低となった。

15年1~9月では、ビール系飲料の課税済み出荷量は前年同期比1.3%減の3億932万ケースだった。前年割れは11年連続。1992年に今の形で統計を発表して以来の過去最低を更新した。8月中旬以降の天候不順の影響などで、最盛期である夏場の需要が伸び悩んだことが響いた。

酒類別ではビールが0.6%減の1億5393万ケースだった。発泡酒はプリン体や糖質を抑えた機能性分野がけん引して2.3%増だったが、第三のビールは3.6%減と落ち込みが大きかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン