/

ビール系飲料出荷、7~9月3%減 6年連続マイナス

ビール大手5社が13日発表した2016年7~9月のビール系飲料の課税済み出荷量は前年同期比3%減の1億1015万ケース(1ケースは大瓶20本換算)だった。6年連続のマイナスで過去最低となった。夏季はビール類販売の最盛期だが、台風の接近が相次ぐなど天候不順が続き、外食での消費が大きく減った。家庭での消費も缶チューハイなど他の酒類に流れた。

酒類別ではビールが4.6%減の5600万ケースで、2年ぶりにマイナスとなった。各社は酒税改正議論やクラフトビールブームなどを背景に販売を強化してきたが、天候不順で肩すかしを食らった形だ。価格が安く家庭での消費が多い発泡酒は1.7%減、第三のビールは1.1%減で、全てのジャンルでマイナスとなった。

1~9月のビール系飲料出荷量は2.1%減の3億293万ケースだった。12年連続のマイナスで、1992年の統計開始以来の過去最低を更新した。最盛期の夏場の需要の落ち込みが影響した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン