/

この記事は会員限定です

次世代「アイサイト」17年めど導入 富士重、後方にもセンサー

[有料会員限定]

富士重工業は自動ブレーキを含む運転支援システム「アイサイト」を2017年にかけて改良し、前方への衝突の予防に加えて、後方や斜め後ろなど全方位の車と衝突回避できるようにする。トヨタ自動車やホンダが自動ブレーキ機能の搭載車種を増やす方針を掲げる中、高い安全技術を早期に投入し予防安全で先行する。

吉永泰之社長が日本経済新聞の取材で明らかにした。同社は今春に発表した中期経営計画で、20年をめどに自動運転機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン