/

この記事は会員限定です

新日鉄住金、川下へコスト転嫁 焦点 原料炭の価格交渉廃止

[有料会員限定]

新日鉄住金は12日、製鉄原料の原料炭について、資源メジャーとの価格交渉制度を廃止する方針を示した。資源メジャーと世界最大の需要国である中国が国際市況に連動する取引となっているため、新日鉄住金も相対での値決めを見直す。鉄鋼メーカーは市況変動に合わせて鋼材価格を機動的に変える方針で、今後は国内の自動車や電機メーカーにコストを転嫁できるかが焦点となる。

これまで英アングロ・アメリカンなど資源メジャーと相対交渉で決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン