2019年2月20日(水)

塩野義製薬、がんワクチン原薬の量産技術を確立

2017/6/13 21:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

塩野義製薬は従来のがん治療薬より効果が高いとされる「がんワクチン」に使う原薬の量産技術を開発した。がんワクチンにはたんぱく質の断片である「ペプチド」が必要だが、化学合成が難しく安定供給に課題があった。塩野義はペプチドの分子構造を変え、量産しやすいようにした。今後、海外で臨床試験をする新薬向けに、開発した技術を活用する。

がんワクチンは、がん細胞の表面に発生するペプチドを人工的に合成して患者に投与…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報