/

トヨタ・日産・ホンダ、共同で水素スタンド整備支援

トヨタ自動車、日産自動車、ホンダは12日、燃料電池車(FCV)に水素を補給する水素スタンドの整備を共同で支援すると発表した。運営費用の一部を3社で負担するのが柱で、支援額や負担割合など具体的な枠組みは今年半ばまでに決める。自動車メーカーが自らスタンド運営支援に乗り出し、早期の設置拡大でFCVの普及につなげる狙いだ。

トヨタは昨年12月に世界初のFCV市販車「ミライ」を発売した。ホンダも2015年度中に、日産は独ダイムラーなどとの共同開発車を17年にも投入する方針。FCV普及に不可欠な水素スタンドは、政府が15年度までに全国約100カ所の設置を目指している。

水素スタンドの設置には5億円程度の費用がかかる。国などは補助金を出しているが、FCVの普及が始まったばかりの現状はスタンド運営の負担が大きい。当初の予定より設置が遅れるケースもある。

トヨタはミライの年間生産台数を17年に3千台に引き上げる計画だ。だが水素スタンドの収益確保には「1基につき2千台の利用が必要」(デロイトトーマツコンサルティング)とされる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン