/

この記事は会員限定です

イオン、電子マネーでJクラブ支援 買い物の一定割合拠出

[有料会員限定]

イオンはプロサッカーJリーグのクラブチームとファン向けに独自の電子マネーカードを発行する。第1弾として近くJ1ベガルタ仙台など4チームと連携する。消費者が利用すると、買い物金額の一定割合が店側の負担で支援金としてチーム運営会社へ自動拠出される。全国から消費を通じて継続的に応援できる電子マネーの新利用方法として注目を集めそうだ。

ベガルタ仙台のほか、J1のモンテディオ山形、湘南ベルマーレ、J2のコンサドー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り508文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン