2019年1月16日(水)

上垣内氏、外資系での経験生かす 西友CEOに

2015/5/12付
保存
共有
印刷
その他

米ウォルマート・ストアーズ傘下の西友は12日、経営トップの最高経営責任者(CEO)に、執行役員だった上垣内猛氏(50)が就いたと発表した。前CEOのスティーブ・デイカス氏が5月1日付で退任してから、CEO職は空席だった。

上垣内氏は2007年にユニリーバ・ジャパンの社長に就き、12年には西友に入社。店舗運営本部やお客様相談室などを担当してきた。今後は外資系日用品メーカーのトップだった経験を生かす。

上垣内 猛氏(かみごうち・たけし)87年(昭62年)一橋大経卒、日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)入社。12年西友執行役員シニア・バイス・プレジデント。広島県出身。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報