/

東宝、16年の興行収入854億円で最高 「君の名は。」など好調

東宝は12日、2016年の年間興行収入が前年比16.8%伸び、854億円と過去最高を更新したと発表した。アニメ映画「君の名は。」や「シン・ゴジラ」の大ヒット作品のほか、「ドラえもん」や「名探偵コナン」など定番作品も好調だった。

昨年は7、8月に前年実績を下回ったが、9月に「君の名は。」のヒットが加わり、累計興行収入を押し上げた。配給した32本のうち25本が、ヒットの目安とされる興行収入10億円を超えた。

これまでの最高は10年の748億円だった。ジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」や、フジテレビの人気作品「海猿」と「踊る大捜査線」の映画公開があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン