/

広がる「ポテチショック」 オークションで10万円も

カルビー、休売前倒し

2016年の北海道産ジャガイモの不作を受けて、ポテトチップスが店頭で品薄になる「ポテチショック」が広がっている。買いだめする消費者が多く、カルビーは12日、「ピザポテト」3品の販売休止日を22日から12日に前倒しすると発表した。一部のオークションサイトでは10万円近くで出品される例もあるなど、店頭などの混乱は続きそうだ。

カルビーと湖池屋のポテトチップスが品薄になることが伝わった10日以降、スーパーなどの店頭で消費者の買いだめが起きている。首都圏の食品スーパーでは10~11日の売り上げが前年に比べて2倍近くに跳ね上がった。オークションサイトではカルビーの商品が高額で取引されている。あるサイトでは数袋で9万8000円で出品された。

慶応義塾生協藤沢店(神奈川県藤沢市)は学生にポテトチップスのセールを月内に実施すると告知したうえで「高額な転売や闇ポテチにはくれぐれもご注意ください」と注意喚起した。

ポテトチップスは幅広い世代で人気の商品だけに、スーパーからは「販売を続ける製品の供給はきちんと続けてほしい」との声が聞かれる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン