がん検査コスト1回100円 日立と九大、18年にも

2015/2/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所はがんを低コストで発見できる検査技術を九州大学とともに実用化する。体長1ミリメートルの線虫ががん患者の尿に反応する習性を応用し、1回100円程度のコストで初期のがんを見つける装置を2018年にも発売する。がんの種類は分からず、体内のどこにあるかはX線などを使う従来型の検査で判定する。低コスト検査で初期段階から治療すれば医療費の抑制につながる。

日立は九州大の広津崇亮助教らと装置を共同開…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]