/

大手住宅メーカーの戸建て受注、4社がプラス 7月

大手住宅メーカーの7月の戸建て注文住宅の受注状況(金額ベース、速報値)は6社中4社が前年実績を上回った。消費増税前の水準には戻っていないものの、高価格帯の受注は堅調だった。

前年実績を上回った4社の伸び率は三井ホーム8%増、大和ハウス工業6%増、ミサワホーム4%増、住友林業2%増。積水ハウスはほぼ横ばいとなり、パナホームは8%減だった。

2014年度は消費増税前の駆け込み需要の反動が大きく、各社の受注は振るわなかった。影響が一巡した15年度は4月以降、おおむね前年実績を上回る水準での受注が続いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン