2018年9月19日(水)

米グーグル、AI特化の投資ファンド 技術指導も

2017/7/12 15:10
保存
共有
印刷
その他

 米グーグルは11日、人工知能(AI)分野のベンチャーに特化した投資ファンド、グラディエント・ベンチャーズを設立したと発表した。ファンドの規模は明らかにしていないが、有望な技術やアイデアを持つ起業家を発掘し、資金のほか、専門家による技術指導なども提供する。過熱気味のAIベンチャーへの投資競争が一段と激しくなりそうだ。

 新ファンドのアドバイザーには、グーグルに在籍する著名なAI学者のピーター・ノーヴィグ氏や発明家のレイ・カーツワイル氏らが名を連ねている。

 すでに画像認識と解析に強みを持つAIを開発する米コグニアック(カリフォルニア州サンノゼ)など4社に投資した。新ファンドを率いるアンナ・パターソン氏は「今日の課題や未来に直面するであろう課題をAIで解決するため、投資先が抱える技術的課題を克服するのを支援するのが我々の目標だ」と述べた。

 AIに特化したベンチャー投資ファンドは、米マイクロソフトも昨年立ち上げている。米調査会社CBインサイツによると、2016年の世界のAI関連ベンチャーの資金調達額は合計で50億ドル(約5600億円)を突破。今年もマネーの流入が高水準で続いている。(シリコンバレー=小川義也)

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報