フォローする

「化学」は、世の中をよくできるか。

 日本経済新聞社は、読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する「未来面」をスタートさせました。今回のシリーズのテーマは「革新力」です。日本経済新聞の紙面と電子版を通じて経営者と読者が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。企業のモノ作りは、サービスは、金融は世の中をよくできるのか。革新的なアイデアをお寄せください。

イノベーションを生み出すシステムとは? 学生の提案 越智仁・三菱ケミカルホールディングス社長編(11月24日)

(4/4ページ)
2015/11/24 3:30
保存
共有
印刷
その他

■タイムスリップイノベーション

安田 大志(大阪大学法学部4年、24歳)

その昔、研究者たちは何を思ってイノベーションを起こしてきたのだろう。「目の前の人たちの生活を少しでも良くしたい」。そんな純粋で熱い思いが聞こえてきそうだ。高度化、複雑化する社会においてイノベーションに必要なことは、もしかすると目の前の暮らしにフォーカスして「そぎ落とす」ことではないだろうか。そこで、途上国の農村部に様々なセクターの人を集め、目の前の課題の解決に取り組む機会をつくってはどうだろう。それにより、変化を生み出そうとするモチベーションを保ち、今開発しようとしている技術が誰のための技術なのか、という視点を忘れずにいることができると思う。

■企業と大学をつなぐ「プロジェクト掲示板」

小笠原 舞(産業能率大学経営学部3年、21歳)

インターネット上の掲示板というと悪い印象もあるが、企業と学生をつなぐ「新たなチャット」を作成してはどうだろうか。学生は、授業などで企業と連携することがなければ、インターンシップや就職活動でしか企業と接することがない。インターンシップも学業や課外活動に忙しければ、なかなか挑戦できない。そこで「企業のプロジェクト」サイトに登録した学生を対象に、プロジェクトの内容や進行状況を「チャット」で公開する。そこに学生が参加し、若い世代の柔軟な考えを提案する。企業は学生の人柄やスキルを把握でき、学生はそこでの活躍が新たな自信につながるだろう。インターンシップに加え、「企業プロジェクトへの参画」を活用して、企業も学生も新たなイノベーションを生みだすチャンスになるのではないか。

■教育機関との連携

木村 俊博(海陽学園海陽中等教育学校中学2年、13歳)

イノベーションを生み出すのに必要なのは行動力だ。革新的な考えを机上の空論ではなく、現実にするには行動を起こさねばならない。では、行動を促すには何が必要か?それは柔軟な発想だと思う。例として、山形にあるベンチャー企業が開発に成功した人工クモ糸が挙げられる。この開発は私たちの生活にイノベーションを起こすだろう。私は開発成功のニュースを聞いた時、スパイダーマンを連想し、SFのような技術を現実にした発想豊かな技術者の行動力に感銘を受けた。このようにイノベーションを生み出すのに、柔軟な発想は大切なことの一つだ。そこで私は、教育機関と企業の連携を提案する。現実に縛られず、自由な発想がしやすい私たちのような学生と、発想を実行に移せる企業が連携すれば、きっと新たなイノベーションを生み出せると思う。

次回の未来面

次回、1月5日掲載の未来面では大和ハウス工業社長の大野直竹さんが課題を提示します。広く皆さんからのアイデアをお待ちしております。

未来面 革新力をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ

電子版トップ連載トップ