/

森トラスト、日本初のマリオット最高級ホテル

銀座・虎ノ門に20年

森トラストは12日、米ホテル大手のマリオット・インターナショナルの最高級グレード「EDITION(エディション)」を誘致すると発表した。東京オリンピックが開催される2020年に東京・虎ノ門と銀座の2カ所で開業を目指す。エディションブランドの日本進出は初めて。東京で不足している高級ホテル市場を拡大し、増加するインバウンド(訪日外国人旅行)需要の取り込みを狙う。

右からマリオットのカプアノ執行副社長、森トラストの伊達社長、シュレーガー氏(12日、東京・港)

「東京はニューヨークやロンドン、パリに次ぐ世界4位の都市だが、ホテルの面では量と質の2つの課題がある」。森トラストの伊達美和子社長は同日の記者会見で、エディション誘致の意義をこう強調した。上位3都市は五つ星ホテルが50軒以上あるのに対して東京は18軒。伊達社長は「一流の滞在施設をもっと増やす必要がある」と述べた。

エディションはマリオットグループで「ザ・リッツカールトン」や「JWマリオット」と並ぶ最高グレードの位置付け。世界的なホテリエのイアン・シュレーガー氏がコンセプトを手掛ける。高級感だけでなく体験や交流を重視した新タイプのホテルといい、シュレーガー氏は「東京を訪れる人だけでなく、住む人に楽しんでもらえる場所にしたい」と話す。

すでに中国・海南省やロンドンなどでオープン。アジアでは17年にバンコクや上海、19年に中国・武漢やインドネシア・バリ島などで順次開業予定だ。伊達社長はロンドンのエディションを訪れた際の印象について「ロビーに驚くほど人が多い。人々が集まる仕掛けにたけており、いつか東京に誘致したいとずっと思っていた」と振り返る。

東京では森トラストが虎ノ門で開発を進める地上38階建ての複合ビルの「東京ワールドゲート」の上層階(31~36階)に開業する。客室数は約200。一方で銀座では銀座2丁目で取得した土地に新たに建設。客室数は約80。いずれも20年の春から夏をめどの開業を目指している。

マリオット・インターナショナルのアンソニー・カプアノ執行副社長兼最高国際開発責任者は東京の近接地に同ブランドのホテルが2つ開業するリスクについて問われ「2つ合わせても客室数は300以下。ニューヨークでも2カ所目を開業する。東京の市場規模やインバウンドの伸びを考えれば、同じチャンスがあると思う」と述べた。東京での平均客室単価について「(東京に)今あるラグジュアリーホテルの上を行くのが目標」とした。

(加藤宏一)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン