/

ルイ・ヴィトン、アマゾン出店「ありえない」

高級ブランド「ルイ・ヴィトン」などを展開する仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは11日(現地時間)、米アマゾン・ドット・コムに出店する予定はないと表明した。同業他社では、アマゾンへの出店で販売拡大を狙うケースも相次いでいるが、LVMHは自社の実店舗を中心としたブランド戦略を堅持する方針を強調した。

LVMHはルイ・ヴィトンのほか、「クリスチャン・ディオール」や「マーク・ジェイコブズ」などを抱える世界最大手のブランド運営企業。ジャン・ジャック・ギオニー最高財務責任者(CFO)が2016年7~9月期の業績説明会で、アマゾンとの協業の可能性について「今のところはありえない」と明言した。その理由に関しては「アマゾンの現在のビジネスは高級品とは合わないし、我々のブランドとも合わない」と説明した。

高級ブランド市場では、ネット通販の拡大を背景に、「カルバン・クライン」や「ケイト・スペード」などが相次ぎアマゾンに出店を開始。LVMHの動向が注目を集めていた。

アマゾンの地盤である米国では、衣料品や宝飾品のネット通販市場は毎年、1割以上のスピードで拡大している。2016年の流通額は推計718億ドル(約7兆4000億円)に成長するとみられている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン