2019年8月24日(土)

「高野豆腐」の塩分95%減 旭松食品

2014/8/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の伝統食である「高野豆腐」の製造を主力とする旭松食品は、約40年ぶりに製法を見直す。豆腐をふっくらとさせるため、これまでは塩分を含んでいる重曹(重炭酸ナトリウム)を使ってきたが、炭酸カリウムに切り替える。来春にかけて家庭用と業務用の全180商品で塩分をほぼゼロにする。

高野豆腐は豆腐を凍らせてから乾燥させて作り、旭松は家庭用で5割のシェアを持つ。まず9月に4つの商品を新製法に切り替える。塩分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。