/

この記事は会員限定です

8K放送対応の光ケーブル 日東電工など開発

[有料会員限定]

慶応大学の小池康博教授のグループと日東電工は、高精細な「8K」放送の普及に欠かせない大容量の光ケーブルを開発した。プラスチック製とすることで、ガラス製に比べコストを10分の1以下に抑えられる見込み。家庭内の機器同士の接続などに向いており、映像を遅延なく送信できるようになる。2019年の発売を目指す。

東京五輪に向けて高精細な8Kの実用放送が18年末から始まる。8K品質の動画は次世代通信規格「5G...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン