/

ベイシア、土屋会長が社長代行 赤石氏は体調不良で退任

北関東のスーパー最大手、ベイシア(前橋市)の赤石好弘社長(61)が体調不良のため、1日付で社長を退任していたことが分かった。土屋嘉雄会長(83)が当面、社長業務を代行する。2011年に就任した赤石氏は今年3月から療養しており、社長に復帰するかは未定という。

土屋氏は1958年にベイシア前身の衣料品店「いせや」を設立。ホームセンターのカインズなどを含む流通グループを築いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン