/

この記事は会員限定です

マツダ、ディーゼル車を米に初投入 2車種

[有料会員限定]

マツダは2017年度、同社として初めて米国にディーゼル車を投入する。2車種で年5万台程度の販売を目指す。独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題で、エコカーの主軸を電気自動車(EV)に移すメーカーが増えるなか、マツダは当面、ディーゼルを戦略の中心に据える。ガソリン車に比べ燃費のいいディーゼルで米国市場のシェア拡大を狙う。

米ロサンゼルス自動車ショーで16日に発表する。全面改良を予定する多目的スポーツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン