伊藤忠、家庭向け大容量蓄電設備 従来品の4割増

2017/5/12 0:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事は家庭で1日分の消費電力を賄える大容量の蓄電システムを月内に発売する。韓国LG化学からリチウムイオン電池を調達し、従来品に比べ容量を4割増やす。電力会社が家庭用太陽光発電の電力を固定価格で買い取る制度は2019年から順次終了する。売電目的から自家消費に切り替える家庭が増え、蓄電池の需要が広がると判断した。

新製品は据え置き型で、太陽光パネルで発電した電力をためる。容量は9.8キロワット…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]