アマゾンIDで外部の電子商取引も決済 サービス開始

2015/5/11付
共有
保存
印刷
その他

 アマゾンジャパン(東京・目黒)は11日、アマゾンの会員IDで外部の電子商取引(EC)サイトでも決済できるサービスを始めた。サービスを導入した外部ECサイトで、利用者はアマゾンの会員IDでログインすれば、個人情報やクレジットカード情報を入力せずに購入できるようになる。会員登録の手間などで購入をやめる消費者を減らす狙いがある。

 まず宅配サイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会と、「劇団四季」を運営する四季(横浜市)が採用した。出前サービスを頼んだり、公演チケットを購入したりする際に、アマゾンの会員IDを利用できるようになる。アマゾンは今後導入企業を開拓する。

 アマゾンは月間4千万人が利用する。外部ECサイトは新規顧客の獲得が見込めるほか、自社で決済システムを構築するコストが省ける利点がある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 14:30
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 9:57
6:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
15:23
10:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報