/

この記事は会員限定です

中外製薬やエーザイ、がん免疫療法薬に参入 副作用が少なく

[有料会員限定]

中外製薬やエーザイなど製薬各社が、がん免疫療法による新薬の開発に乗り出している。中外が肺がん治療薬の製造販売を来年にも厚生労働省に申請するほか、エーザイも米国で新薬の臨床試験(治験)を始めた。世界初のがん免疫療法薬が昨年に売り出され、効果が高い画期的な新薬として需要が急拡大していることから新規参入が相次いでいる。

中堅製薬の小野薬品工業と米ブリストル・マイヤーズスクイブはがん免疫療法薬「オプジーボ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン