2019年7月23日(火)

ファミマ、マレーシア1号店を開店

2016/11/11 19:04
保存
共有
印刷
その他

ファミリーマートは11日、マレーシアでコンビニエンスストアの1号店を開いた。提携する現地食品メーカーの工場で製造したサンドイッチやパンなど「中食」商品のほか、日本で取り扱う菓子や飲料も売る。ファミマは台湾やタイなど海外で約6200店を展開しており、マレーシアは7カ国・地域目になる。マレーシアでは今後5年で店舗数を300程度まで広げる計画だ。

開店した「ウィスマ・リム・フーヨン店」は首都クアラルンプールの中心地のオフィスビル1階にある。イートインのスペース10席を設け、店舗面積は約136平方メートルと日本の店舗の標準とほぼ同様になる。約2300種類の商品を売る。

ファミマは4月、マレーシア進出について、現地の大手食品メーカー、キューエル・リソーシズと共同出店することで合意していた。マレーシアには日系コンビニで「セブンイレブン」が約2千店あり、イオンも大型店や専門店を出している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。