/

アマゾン読み放題、光文社などが作品提供再開

光文社(東京・文京)やイースト・プレス(同・千代田)などの出版社数社はアマゾン・ジャパン(同・目黒)の読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド」に作品の提供を再開した。各社は昨年8月に始まった同サービスに作品を提供していたが、アマゾン側から通告なしに読み放題の対象から外されていた。

複数の出版社によると、読まれた回数に応じた特別な上乗せ料金がアマゾンから支払われる期間限定の条件が昨年末まであった。想定以上の利用で上乗せ料金がかさみ、予算を超えたため同社が人気作を対象から次々に外したとみられる。

上乗せ料金は入らないものの、通常の利用料が一定程度得られることから再開したほうがよいと判断したとみられる。アマゾンの広報担当は「個々の出版社との契約についてはコメントを控える」としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン