仏サノフィ、米ワクチン中堅を買収 850億円

2017/7/11 20:36
共有
保存
印刷
その他

 【パリ=白石透冴】仏製薬大手サノフィは11日、米ワクチン中堅プロテインサイエンス(コネティカット州)を買収すると発表した。関連費用も含めた買収総額は7億5千万ドル(約850億円)。寡占化が進んだワクチン市場で利益を固めるため、サノフィはグローバルでインフルエンザ向け製品群を広げる機会をうかがっていた。

 プロテインサイエンスは1983年創業で、ワクチンやバイオ医薬品の開発を手掛ける。主力製品は組み換えたんぱく質由来のインフルエンザワクチン「フルブロック」で、米食品医薬品局(FDA)の認可を同種のワクチンとしては初めて受けているという。

 プロテインサイエンス経営陣もサノフィのネットワークを使って事業拡大ができると判断した。大半の株主も買収に合意しており、9月末をメドに実行される見通し。サノフィはまず6億5千万ドルを支払い、関連費用として1億ドルを投じる可能性があるという。

 サノフィは近年、積極的にM&A(合併・買収)を仕掛けているが失敗続きだった。バイオ医薬品の米メディベーションやアクテリオン(スイス)の買収を狙ったが、米ファイザーと米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に敗れており、株主からは買収戦略の方向性を疑問視する声も出ていた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 23:30
21:50
北陸 6:02
6:00
関西 22:19
16:16
中国 12:27
7:01
四国 12:27
7:02
九州
沖縄
21:04
20:55

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報