2019年8月26日(月)

サイボーグ、トップ選手向け義足を製品化 ソニー系などと

2016/7/11 20:36
保存
共有
印刷
その他

義足開発ベンチャーのサイボーグ(東京・渋谷)とソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)、東レ、東レ・カーボンマジック(滋賀県米原市)は11日、トップアスリート向けの競技用義足「サイボーグ ジェネシス」を製品化したと発表した。義足に使う板バネを4社が新たに開発。今年のリオデジャネイロ・パラリンピック日本代表選手らに提供する。2020年の東京パラリンピックでも採用をめざす。

ソニーCSLが身体や義足走行の仕組みを研究し、その結果にもとづいてサイボーグや東レなどが走行性能を高めるカーボン繊維強化プラスチック製の板バネを開発した。サイボーグに所属する3選手の走りを読み取り、地面から最適な力を受ける形状を決めた。

競技者からの受注販売で、市場推定価格は税別40万~50万円。今年のリオデジャネイロ・パラリンピックに出場する佐藤圭太氏(トヨタ自動車)ら3選手に提供した。

サイボーグはソニーCSLの遠藤謙氏が14年に立ち上げた。4社は15年から共同開発に取り組んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。