/

グーグル、消費者向けに独自OSのパソコン販売

米グーグル日本法人(東京・港)は11日、独自の基本ソフト(OS)を搭載するノートパソコン「クロームブック」を消費者向けに発売すると発表した。価格は3万円前後から。米マイクロソフトのOS「ウィンドウズ」を搭載する製品より割安だ。7月から企業や教育機関向けに提供していたが、消費者の要望を受け販売を決めた。

まず米デルと台湾エイサー、台湾エイスースの3社が順次発売する。デルが11日に発売したのは11.6型の「クロームブック11」(税別3万1980円~)で、通販サイトのアマゾンやビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどで販売する。

エイサーの11.6型の「クロームブックC720」(税別2万9800円~)は13日から、エイスースの13.3型「クロームブックC300MA」(価格未定)は12月中旬に販売を始める。

クロームブックはグーグル製のOS「クロームOS」を搭載する。インターネットに接続して使うのが前提で、文書作成や表計算などソフトウエアの利用もネット経由となる。書類や写真などのデータはクラウド上に保存する。起動が速く、ネットにつながってさえいれば気軽に使えることから米国などで人気が広がっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン