2019年2月23日(土)

授業用タブレットに宿題やテスト配信 ソフトバンクとベネッセ

2014/11/11付
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクとベネッセホールディングス(HD)は11日、学校で使うタブレット端末に宿題や小テストなどを配信する事業を2015年度に始めると発表した。学校と年間契約し、実際の授業に活用してもらう。教師が生徒のテスト結果や出欠記録などのデータを把握しやすくなる利点を訴え、まず中学校や高校への導入を目指す。

両社が4月に折半出資で設立したクラッシー(東京・新宿)を通じて、サービスを提供する。タブレットを持っていない学校には販売し、すでに授業に使っている学校には配信だけを手掛ける。

料金は宿題や小テストの配信数にかかわらず定額制とする計画。具体的な料金体系は現在詰めている。今後は授業の理解を深めるのに役立つ動画配信も始める方針だ。

クラッシーは全国の中高100校にタブレットを無料で貸し出して、授業の出欠管理や授業中の発言内容の記録などに使ってもらっている。これらの学校などに導入を呼びかけていく方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報