NHK、純利益40%増 14年度中間

2014/11/11付
保存
共有
印刷
その他

NHKが11日発表した2014年度の中間決算速報(単体)によると、一般企業の純利益にあたる事業収支差金は前年同期比40%増の252億円だった。収納業務の委託など営業コストを抑えつつ、受信料収入を3%増の3253億円に増やし、2期ぶりに増益となった。売上高にあたる事業収入は2%増の3376億円だった。

またNHKの最高意思決定機関であるNHK経営委員会は同日、15~17年度経営計画の方向性について審議した。「来年度予算、事業計画と合わせて来年1月に議決して発表する」(浜田健一郎委員長)。20年の東京五輪に向けた取り組み、国際放送の拡充やインターネット発信の強化、グループの経営改革が盛り込まれるほか、今後の受信料制度のあり方についても経営計画とは別に議論を進める考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]