サツドラHD、中国電子決済の加盟店開拓

2016/11/11 23:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サツドラホールディングス(HD)は中国の交流サイト(SNS)「微信(ウィーチャット)」を運営する騰訊控股(テンセント)の関連会社と提携し、電子決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」を使える国内加盟店を全国で開拓する。日本では利用店舗が百貨店などに限られており、訪日中国人を中心に普及を求める声が高まっている。

サツドラHD子会社のリージョナルマーケティング(札幌市)とテンセントの関連会社が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]