/

この記事は会員限定です

日本企業、中国向け通販参入 「爆買い」ネットでつかめ

マツキヨ・ライオン・カシオ

[有料会員限定]

日本製品を中国へインターネットで販売する「越境EC(電子商取引)」に日本企業が相次ぎ参入している。現地のECサイトに出店するだけでなく、アフターサービスやショールームで体験できる仕組みなどを整備して売り込む。訪日客消費の伸びに頭打ちの兆しが出る中、ネットでの「爆買い」需要の取り込みは、日用品や食品、精密機器など日本製品の販売拡大を後押ししそうだ。

2015年の中国向け越境ECは訪日中国人消費とほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン