縮むゴルフ用品市場 米ナイキと独アディダス見切り

2017/5/11 14:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ゴルフ用品市場が伸び悩むなか、スポーツ用品の世界2強が相次ぎゴルフ事業に見切りをつけている。独アディダスは10日、「テーラーメイド」などゴルフ用品事業を米投資ファンドに売却すると発表した。同じスポーツ用品大手では米ナイキも昨年8月にゴルフ用具からの撤退を表明。タイガー・ウッズに次ぐスター選手が生まれないのも悩ましい。日本でも若者を中心にゴルフ離れが進んでおり、ゴルフ市場の先行きは厳しい。

■スポー

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]