/

この記事は会員限定です

ANA、ベトナム航空に出資 秋にも共同運航

130億円で8.8%

[有料会員限定]

【ハノイ=富山篤】全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスは国営ベトナム航空に出資し提携することで基本合意した。今夏にもベトナム政府から発行済み株式の8.8%を約130億円で取得。座席を相互に供給する共同運航で路線や便数を拡充する。現在ベトナム航空と提携関係にある日本航空は対応を迫られる。環太平洋経済連携協定(TPP)が発効すると、アジアの航空需要は拡大する見通しだ。国際的な航空会社の合従連衡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン