/

この記事は会員限定です

製薬業界「ものづくり」に回帰 素直に喜べぬ事情

[有料会員限定]

日本の製薬業界で「ものづくり」への原点回帰を目指す動きが出ている。第一三共や大塚ホールディングス中外製薬が相次ぎ国内で大型の工場投資を打ち出した。各社はこれまで利益率を高めるため製造受託企業(CMO)に生産を委ね、工場の閉鎖を進めてきた。だが抗がん剤など高度な製法が必要な製品が増え、社内で製法を確立しないと開発がままならない事態となってきたためだ。行き過ぎた製造受託業者への依存に対する反省とみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン