2019年8月25日(日)

カジノ、法案成立にらみ機運 透明性などカギ

2014/8/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本企業の間でカジノ参入機運が高まっているのは、議員立法によって提出された「統合型リゾート推進法案(カジノ法案)」が秋の臨時国会で成立する可能性があるためだ。ホテルや国際会議場も含めて1カ所あたり5千億円とも試算される巨大事業だが、実際にカジノが解禁されるまでには課題も少なくない。

ギャンブル依存のほか青少年への影響、マネーロンダリング(資金洗浄)などへの懸念だ。仮に成立しても、犯罪の防止につな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。