/

「Wii U」国内向け生産終了を正式発表 任天堂

任天堂は主力の据え置き型ゲーム機「Wii U」の日本国内向けの生産を近く終了すると正式に発表した。国内では2012年12月に発売したが、人気ソフトが少ないことなどから前機種「Wii」に比べ、販売が振るわなかった。17年3月に発売を予定する新型ゲーム機に経営資源を集中する。

生産終了後、在庫がなくなり次第販売を終える。ソフトの販売やネットワークサービス、ユーザーサポートは続ける。海外では北米向けは16年度の出荷を終えたが、生産の終了時期などについては明らかにしていない。

Wii Uは液晶画面付きのコントローラーが特徴。独特の操作方法を生かしたヒット作も生まれたが、外部のゲームソフト会社によるソフトの供給が少なく、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「プレイステーション(PS)4」などとの競争で後れをとった。

約4年間の累計販売台数は1336万台(16年9月末時点)にとどまり、1億台を販売した前機種のWiiに比べ落ち込みが目立っていた。任天堂は据え置き型ゲーム機ながら、持ち運んで遊べるゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を来春発売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン