/

この記事は会員限定です

MRJ浮揚へ正念場 初飛行、9~10月に再延期

三菱航空機、17年納入は維持

[有料会員限定]

国産ジェット旅客機「MRJ」を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)は10日、初飛行を当初の4~6月から9~10月に延期すると正式発表した。装置や動力系統の事前試験を徹底して初飛行後の改修点を減らすためで、2017年の初号機納入時期は遅らせない。だが、商談の場である国際航空ショーに初飛行が間に合わなくなり、営業には痛手だ。開発と受注の両面で正念場を迎える。

同日公開された三菱重工業小牧南工場(愛知県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン