2019年2月16日(土)

HCのDCM、同業のサンワドーを完全子会社に 7月

2015/4/10付
保存
共有
印刷
その他

ホームセンター(HC)最大手のDCMホールディングスは10日、青森県が地盤のHC中堅のサンワドーを7月1日付で完全子会社にすると発表した。HC業界は市場が伸び悩む一方で出店の増加で競争が激しい。DCMは規模拡大でプライベートブランド(PB=自主企画)商品の開発強化や物流の効率化を目指す。

株式交換で、サンワドー1株に対してDCM0.9株を割り当てる。サンワドーは6月26日付で上場廃止となる。

DCMは「DCMホーマック」や「DCMカーマ」といった屋号のHCなどを全国に約560店、サンワドーは青森県や北海道でグループ約40店を展開している。サンワドーは最大手の傘下に入ることで商品の調達能力を高め、品ぞろえの充実や価格競争力の向上につなげる。

HC業界では2014年にアイリスオーヤマが中堅のユニリビングを買収するなど、再編が続いている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報