最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

積水ハウス、海外に1兆円 3年で投資計画

2017/3/10 21:03
保存
共有
印刷
その他

積水ハウスは10日、2020年1月期を最終年度とする経営計画を発表した。18年1月期からの3年で海外事業に1兆円強を投じ、20年1月期の海外売上高を17年1月期の2.2倍の4千億円規模に高める。海外事業を建設請負事業や都市開発事業と並ぶ柱に育て、成長ペースを加速する。

過去3年の海外投資は約5900億円だった。海外の用地買収などに計1兆500億円を投じる一方、完成させたマンションや宅地の売却で1兆円を回収する。保有資産の回転を早める投資リスクを抑える。国内事業の投資は前3年の実績の約7000億円から6500億円に抑える。

積水ハウスは米国、オーストラリア、中国、シンガポールに進出している。10日に記者会見した阿部俊則社長は「この4カ国を徹底的にやっていく。米国では環境技術などを導入すれば(買収会社と)うまくシナジーが出せる」と述べた。

海外事業の営業利益は20年1月期に17年1月期の2.2倍の550億円を計画する。最も注力するのは米国だ。2月に買収した現地住宅会社を軸に戸建て販売に参入し、20年1月期の営業利益は391億円(17年1月期は187億円)をめざす。

国内では賃貸住宅や戸建て住宅など中核事業に加え、ホテルなどインバウンド(訪日外国人)関連に注力する。現在は社内向けにとどまっている外構(エクステリア)事業で外販に取り組み、1千億円規模の事業に育てることも表明した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム