/

この記事は会員限定です

三菱電機系、エレベーターの運行管理にAI活用 待ち時間削減

[有料会員限定]

三菱電機のビル設備管理子会社、三菱電機ビルテクノサービスは人工知能(AI)を使ったエレベーターの運行管理サービスを2018年中に開始する。AIが過去の稼働データや保守履歴などのビッグデータを解析し、自ら運行プログラムを作成してエレベーターの待ち時間を減らしたり、故障から自動復旧したりする機能を提供する。

エレベーターを呼び出した階や到着階、移動時間、乗車人数などの運行データを解析して、最適な運行プログ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン