/

ソフトバンク「10兆円ファンド」、印ネット通販最大手に出資

【ムンバイ=早川麗】インドのネット通販最大手フリップカートは10日、ソフトバンクグループがサウジアラビアなどと共同で発足させた10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」から出資を受け入れると発表した。同3位のスナップディールにはソフトバンク本体が出資しており、現地で攻勢をかける米アマゾン・ドット・コムに対抗する。

出資額は明らかにしていないが、フリップカートの筆頭株主になる。フリップカートには今春、中国・騰訊控股(テンセント)や米マイクロソフトなども計14億ドル(1540億円)の出資を決めている。ソフトバンクがファンド経由で参加し、日米中の大手ネット関連企業がそろって資本参加することになる。フリップカートはテンセントなどを含む一連の出資で40億ドル超の現金を得るとしている。

ソフトバンクグループはインドのネット通販3位のスナップディールの筆頭株主でもある。フリップカートにスナップディールの合併策を推進してきたが、7月末にスナップディールがフリップカートによる買収を拒否し、破談となっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン