/

シャープ、ロボホンが英語で劇場案内 外国人観光客向け

シャープは10日、東京の明治座でロボット型携帯電話「ロボホン」による英語での案内を16日から始めると発表した。訪日外国人観光客向けのショーに合わせ、ロビーなどで公演の内容や明治座の歴史、ロボホンの性能などを英語で説明する。ロボホンの外国語での案内サービスは初めて。

公演の紹介映像の音を認識して、場面に合わせ自動で2台のロボホンが明治座の歴史などを掛け合いながら説明する。人には聞こえない高周波音を受信して位置を把握することで、土産店などの商品や歴史なども紹介する。案内は3月31日までの期間限定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン