イラン発「女性の時代」 常識を覆せるか (AIと世界)

2017/7/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「経済制裁の影響? 半導体が高くなったことくらいかしら」

イランの首都テヘラン。シャリフ工科大学で人工知能(AI)を研究するショホーレ・キャサイ教授は事もなげだ。2009年、2人の息子を育てながらコンピューター工学分野で同国初の女性教授となった。

厳格なイスラム国家のイランでは外出時の服装など女性には多くの制約がある。学会もこれまでは男性中心だったが、AIの世界では男女の逆転が起きつつある。

イ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]