ムーディーズ、東芝を格下げ 財務悪化で3段階

2016/2/10 22:44
保存
共有
印刷
その他

ムーディーズ・ジャパンは10日、東芝の格付けを「Ba2」から「B2」へ3段階引き下げたと発表した。東芝は2016年3月期に7100億円と過去最大の連結最終赤字を計上する。自己資本が減り財務体質が大幅に悪化することなどを格下げの理由とする。今後についても格下げ方向で見直すとしている。

米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)や格付投資情報センター(R&I)も東芝の格付けを既に引き下げている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]