/

ポテトチップス販売休止相次ぐ 北海道産ジャガイモ不足で

カルビー湖池屋は10日、北海道産のジャガイモを原料とした一部の商品の販売を休止することを明らかにした。昨夏の台風の被害を受けて北海道産ジャガイモの収穫量が減少し、原料調達が困難になったためだ。両社とも原料に使うジャガイモの7~8割を北海道産に頼っている。販売再開のめどは立っておらず、菓子販売の現場に混乱が広がりそうだ。

カルビーが発売している様々な商品

カルビーは「ポテトチップス うすしお味」や「ピザポテト」など33品目の販売を休止する。22日以降の出荷を取りやめる。このうち一部品目については販売を終了する。販売再開の時期については未定という。同社は「昨年の台風の影響で当初計画より収穫量が下回った」と理由を説明した。今後は、定番商品を中心に生産を続けるとしている。

湖池屋も「ポテトチップス リッチコンソメ」や「頑固あげポテト」など16品の販売を休止したり終了したりする。当面は主力商品「ポテトチップス のり塩」や「カラムーチョ」などを集中的に生産する計画だ。

同社は「九州産のジャガイモを調達して対応することも検討している」と話している。海外産ジャガイモには頼らず国産にこだわる方針だ。今回の販売休止による売り上げへの影響は明らかにしていない。

北海道産のジャガイモは2016年6月の日照不足と長雨で生育が遅れた。同年8月に相次いだ台風の接近・上陸も重なり生育が大幅に悪化。主産地の十勝地方では畑が浸水し、土の中で腐るなどの被害が発生した。北海道農政事務所によると、16年産の出荷量は152万6千トンと前の年に比べて1割減った。

北海道産は国内生産量の8割を占め、毎年9月から翌年の5月まで出回る。8月末から10月中旬にかけて収穫する。11月以降は倉庫で貯蔵したものを出荷している。今年は収穫量の落ち込みで例年なら5月まで残っている貯蔵品が4月中旬にはなくなる見通し。

4月から出荷が本格化する鹿児島県産も降雨の影響で収穫作業に遅れが出ている。「平年に比べて出荷量が1割減っている」(JA鹿児島県経済連)。端境期のため、ジャガイモの出回りが減少している。東京都中央卸売市場では、北海道産が大半を占める3月下旬の平均卸値が1キロ221円と、過去5年平均に比べて5割高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン