/

三菱電、分速1230メートルのエレベーター 世界最高速

三菱電機は10日、世界最高速となる分速1230メートルのエレベーターを開発したと発表した。中国・上海市で開業する予定の地上632メートルの超高層ビル「上海中心大厦」に7月中旬までに納入する。昨年同ビルに納入した分速1080メートルのエレベーターが世界最高速になる予定だった。

地下2階から地上119階の展望階までを約53秒で到達する。エレベーターの速度を高める制御盤や安全装置を改良した。

分速1080メートルのエレベーター3台のうち、1台を分速1230メートルのものに入れ替える。風圧による横揺れを軽減させる部品を搭載したり、人を運ぶ「カゴ」の形を丸みのある流線形にすることで騒音を小さくしたりして乗り心地を快適にする。

現在の世界最高速は台湾の「台北101」に東芝が納入した分速1010メートル。日立製作所が中国・広州市の「広州周大福金融中心」向けに受注した分速1200メートルも含め、三菱電機製が上回ることになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン