/

この記事は会員限定です

ファミマ、シニア層をオーナーに 新規契約70歳まで

[有料会員限定]

ファミリーマートはフランチャイズチェーン(FC)加盟店のオーナーになれる条件を緩和する。これまでは原則65歳が上限だったが、契約方式を見直すことで75歳まで働けるようにする。70歳から新たに契約することも可能になる。高齢化が進むなか、定年を迎えたシニア層などをオーナーとして取り込み出店拡大につなげる。

61歳以上の人を対象とした新たな契約条件を15日から取り入れる。これまでは原則として55歳が新規...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン